ブラック企業をやっつけろ!ブラック企業用【武器】の調達

ブラック企業をやっつけろ!山積みの仕事サービス残業
上司には理不尽な理由で怒鳴られ
休日も返上で働くばかり。

そのようなブラック企業
入社したら、辞めたくても
なかなか辞めさせてくれません

ブラック企業を辞める際に、
何に気を付けるべきでしょうか?

実はいうと、会社というのは、
退職願を出したと同時に
その時点ですぐに辞めることができます

いくら受理したくないと、
企業側に言われたとしても、
法律上、退職届を受理しないということは
企業側は出来ません

では、ただ退職願を出した際の問題は、
失業手当をもらう際に必要な離職票や、
未払いの給与がもらえないことが痛いです。
特にブラック企業の場合こちらが請求しない限り
ほぼ確実にもらえません

こういった場合は、
ハローワークに相談すると、
代わりに請求してくれたりもします。

ただ、その際は「一度自分から請求してみた」という
証明が必要になります

その際の証明は、客観的に見て
証明になるものが良いです。

例えば、勇気がある方でしたら、
ブラック企業の方に電話してみて
それをボイスレコーダーに記録するという手があります。
そこで請求します。

それが怖くて出来ないという方は、
記録が残る内容証明郵便配達証明郵便
「最終月の給与を支払ってください。
この日付まで離職票を郵送してください。」

郵送して、請求しましょう

それでも払ってくれない場合は、
ハローワークの出番です。
まず「一度自分から請求してみた証明する物」
あとは実際に未払いになっている、
できればその証拠となるデータを用意しておきましょう。

働いた時間の記録をとったり、
ボイスレコーダーなどで上司とのやり取りを
残しておくのも1つの方法です。

こういった証拠を持っていけば、
失業手当も多めに出たりします

それでは次項は、
ブラック企業に対して戦うため
証拠品を作り方を書いていこうと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!ブラック企業から卒業しよう!(入社後の対策法)の関連記事