ブラック企業は【キャリアアップ】出来るのか!?

ブラック企業を見分けるには、
ブラック企業が好むキャッチコピー
調べてみるという手もあります。

ブラック企業が使いたがる
キャッチコピーはいくつかありますが、
そういった文言を注意して見ると、
判別が付きやすいです。

ブラック企業でキャリアアップ?

ブラック企業の好むキャッチコピーで、
よくあるのが「幹部候補」「店長候補」
というようなキャリアアップ
強調するような例です。

何らかの可能性を感じさせる美辞麗句が
求人内容に並べ立てられていることも多いです。

実際のところ
「幹部候補だからビシバシ働いてもらうよ!」
めっくちゃハードだけど幹部候補だから大丈夫!」
という建前上の言い訳で幹部と言っている
企業もあります。

そもそも「幹部」と言っている企業は、
幹部の定義があいまいです。
大企業とかの場合だと、
幹部と言えば役職クラスだと思いますが、
ブラック企業の場合、
「幹部」と言えばもしかしたら、
平社員で仕事の中心という意味かも知れません。

となると、過労で倒れるまで、
働かせられるかもしれません。
役員役職付きになる将来を
確約されているわけでもありません

こういった「幹部候補」「店長候補」
書いている場合、
逆に怪しいと思って広告を見てみましょう。

もしかしたら、そのブラック企業に100人入社して、
物凄い営業成績を出したら、1人2人は役職付きに
なれるやもしれません。

しかし、100人入って
来年にはブラックすぎて
100人全員辞めているかもしれません。
そのころには体も精神もボロボロ
なっているかと思います。

ハイリスクハイリターンどころか、
ハイリスクローリターンです。

よくよく考えてほしいのが、
幹部候補マネージャー候補を募集だというのに、
多くの企業では基本的には、
部署内既に幹部候補が居るはずです。

ですが、そのポジション
募集するということは、
社内にその役割を果たせる
人材がいない可能性が高いということです。

つまりは裏を読めば
能力のある人間から辞めていく体質」もしくは、
「部下を育てられる中高年管理職・経営者がいない」
ということです。

甘い言葉には裏がある
ブラック企業には気を付けましょう。

では次項に関しても、
ブラック企業広告で使いがち
キャッチコピーを挙げたいと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!入社前に調べる方法(広告編)の関連記事