ブラック企業の見分け方は【ハローワーク】から?

ブラック企業を見分けるには、
ハローワークの求人
調べてみるという手もあります。ハローワークでブラック企業を調べるブラック企業というのは、
過酷な仕事現場が多いので、
離職率は高いものです。

さて企業の離職率
調べる方法の1つの方法として
ハローワークを利用するという手もあります。

ただし、この方法は
ハローワークに登録している方しか
使えない方法ですが、
ハローワークの職員さんに
企業の評判を聞いてみるという方法です。

実はいうと、
ハローワークの職員さんが使っている
パソコン端末普通のパソコンではなく
求人専用のパソコンになっています。

ここでいろいろなデータが見られ
過去に応募した状況。
誰を今面接しているか。
今まで採用した人はどうなったなど、
ことこまかに詳細を見れます

例えば、一見地元では、
有名企業なのですが、
内情がブラック企業というところも
あったりもします。

ハローワークの職員さん曰く、

1年間求人掛けていて
1人も採用しないなんて所もあります。
ここの会社は、評判が悪いんですよね。
明らかに人を取るつもりはないけど、
上層部に求人を出していると報告したいので、
ダミーの求人を上げているみたいです。」

「本当は1ヶ月22日勤務の仕事なのですが、
実際には月で5日ほどしか働けず、
困っているそうです。これが月給ならよいのですが、
日給制の雇用形態なので・・・」

採用してもらったは良かったのですけど、
正社員で採用のはずが、勝手に、
契約社員で採用されていて、
給与が半分くらいしか出ません・・・」

という話を生で聞けます
気になる求人案件があれば、
ハローワークで印刷した求人情報
職員さんに見せてみましょう。

何か面白い情報
引っ張り出せるかもしれません。

さて次項に関しては、
これもブラック企業を調べる方法の1つ
過去の求人を調べてブラック企業を比較する方法
語っていこうと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!入社前に調べる方法(離職率編)の関連記事