ブラック企業に対しての自己防衛策

ブラック企業に対しての自己防衛策ブラック企業を見分けるには、
ハローワークの求人
調べてみるという手もあります。

優良企業というのは、
入社しにくく、退職しやすいのですが、

ブラック企業というのは、
入社しやすく、退職しにくいものです。

ブラック企業に入りやすい方というのは、
真面目な方だったり、素直な方
ブラック企業に入社しやすかったりします

これはどうしてかといえば、
求人情報そのまま信じて
入社してしまう方がいるからです。

ご存知の方はご存知のとおり
ハローワークの求人情報にしても、
情報誌の求人情報にしても、
すべてが本当とは限りません

もちろんハローワーク情報誌には、
本当のことを書かなければいけない義務
なっているのですが、問題なのは
書いてある内容が抽象的過ぎる場合と
書いていない内容があるかもしれない
ということです。

国営のハローワーク
無料で多くの求職者求人を公開できるため
多くの企業が利用する求人情報の宝庫となっています。
ハローワークの多くを占める
中小零細企業の中には実はいうと、
良い企業もたくさんあります

実際に日本のほとんどの企業は、
中小零細企業ですし、
日本を支えてきたのは、
こういった中小零細企業です。

しかし、問題なのは、
ハローワークは表面上法的に問題がなければ
求人が出せるためブラック企業
かかえていることも事実です。

ブラック企業ほど
人を食い物にするのに慣れているので、
求人の出し方非常にうまく
応募したくなるような求人を出してきます

故に、この非常にうまい求人の出し方によって、
真面目な方だったり、素直な方のような
純粋な方々がブラック企業に捕まったりします

ここでブラック企業に捕まらない方法は、
投資詐欺おなじ考えで考えていきましょう

では次項は
もう少し詳細を語っていきます。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!ブラック企業に入らないための心得えの関連記事