ブラック企業に対しての自己防衛策2

ブラック企業に対しての自己防衛策2ブラック企業を見分けるには、
ハローワークの求人
調べてみるという手もあります。

ブラック企業に入りやすい方というのは、
真面目な方だったり、素直な方
ブラック企業に入社しやすかったりします。

これはどうしてかといえば、
前回の記事でそれを書かせていただきました。
ブラック企業に対しての自己防衛策

ブラック企業を探る際、
何が大切かを考えてみましょう

1つの方法として、
投資詐欺として考える方法です。

あなたの手元に300万あったとします。
その300万
必ずどこかに投資しなければならないお金で、
必ず数年後には増やさないといけません

どこに投資しますか?
ということです。投資しないといけないお金があったとしたら、
どこかの会社の株式を買ったり、
どこかの会社に事業投資したり、
もしくは海外に投資するかもしれません。

投資する際に失敗するパターン主に3点あります。
1点目投資先が潰れないか?つまり倒産です。
2点目投資先の株価が下がらないか?つまりは業績不振です。
3点目投資先がお金を持ち逃げしないか?つまりは投資詐欺です。

これは就職・転職活動にも当てはまります
投資する資本自分自身という資本です。
それをどの企業団体に投資するかが大切なのです。

勤めた企業倒産しないか?
勤めた企業業績不振にならないか?
勤めた企業が自分という資本を食いつぶすようなブラック企業ではないか?

こういった考えを持ち
自分自身を投資して、
数年後数十年後数倍数十倍
能力向上、そして金銭をもらう行動
就職、転職活動なのです

そう考えると、
慎重に企業を選んでいく必要があります。

ハローワークの求人の中には
ブラック企業も確かに混ざっていますが、
その中には、お宝企業も埋もれています

しっかりと企業研究をして、
良い求人を選んでいきましょう。

では次項はブラック企業が使いたがる
キャッチコピーを見ていきたいと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!ブラック企業に入らないための心得えの関連記事