ブラック企業に入っただけで経歴は汚れる

ブラック企業を見分けるには、
ハローワークの求人
調べてみるという手もあります。

優良企業というのは、
入社しにくく、退職しやすいのですが、

ブラック企業というのは、
入社しやすく、退職しにくいものです。

ブラック企業は入社はしやすいので、
就職・転職活動で精神的に参っている人
入りやすいといわれています。

就職・転職活動は基本1人で行います。
故に、孤独な作業になりがちです。

ブラック企業で経歴が汚れる?

孤独ということは、
何か困ったことがあったとしても、
相談できる相手もいないですし、
つらいことがあったとしても
自分ひとりで抱え込みます

また就職・転職活動長期化してくると、
精神はかなり参ってきます
そうなると妥協の心が現れ、
ブラック企業とわかっていながらも、
入社する人があとを絶えません

ブラック企業は入社すると
「一時しのぎで・・・」と思っていたとしても、
そう簡単には辞めさせてくれません

仮に辞められたとしても、
「自分が勤めたところはブラック会社でした」
と言ったとしても、
誰もそれを証明してくれる人はいません

つまりは、今後の履歴書職務経歴書を書く際は、
その箇所だけ経歴が汚れてしまうわけです。

さらに厄介なのが、
その業界では有名なブラック企業
勤めていた際、

次の就職の面接中に、
「○○にいたのか」
「○○で働いていたのですか?」
「○○ですか・・・」
白いで見てこられる目面接官はいます。
そうなるとそれだけでマイナス印象になります。

ブラック企業に入社するだけで、
ろくでもないことが起こりがちです。

そのため大切なことは、
就職・転職活動時は、
何かあれば相談できる仲間を持つこと

そして精神的に強く強く
していこうということです。
妥協したばかりに失敗してしまう
就職・転職活動もよくある話です。

では次項につきましては
ブラック企業に入らないための心得え
もう1つありますので、
そちらの方も書かせていただきます。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!ブラック企業に入らないための心得えの関連記事