ブラック企業は従業員の推移で確認しよう

Pocket
LINEで送る

ブラック企業を見分けるには、
ハローワークの求人
調べてみるという手もあります。

ブラック企業というのは、
過酷な仕事現場が多いので、
離職率は高いものです。

故に、ブラック企業というのは、
従業員が入退者が頻繁にあります

そのため従業員の推移
見てみると、ブラック企業の場合、
面白いグラフが出来上がります

ブラック企業を従業員の推移で調べる

さて従業員の推移を見る際は、
前回の記事過去の求人の一覧
見れる方法が書いてありますので、
それで見ます。

過去の求人の一覧を見る方法
【裏技!】過去の求人一覧でブラック企業を判断する方法

過去の求人一覧を見ると、
その中の欄に従業員数という
ものがあるかと思います。

ここでブラック企業と思われる
厄介なパターンが2つあります

1つが従業員の推移が、
数ヶ月ごとに上がったり下がったり、
異様なほど数の変化が見られる場合です。

例えば従業員20名の会社が、
3ヵ月前には17名
6ヵ月前には25名
9ヶ月前には22名
12ヶ月前には24名

従業員の数の動きが激しいと、
ブラック企業の確率
非常に高いです。

もう1つのパターンは、
どうしてか従業員数がキリが良い数
打ち切られている場合です。

今は従業員50人
ずっと募集をかけているのに50人
ちょっと前のを見てみると40人
その前はまた50人に戻っている・・・

というように、
5人単位や10人単位
従業員を示している会社
危ないです。

これはどうしてかといえば、
離職率が高いので、
入っては辞め、入っては辞めの状態なので、
経営者自身が、今の従業員の全体数
把握していないパターンとしてありがちです。

これもブラック企業率が高い求人です。
このように従業員の推移を見ているだけでも、
ブラック企業かどうかが判断できます

では、もう1つ
この過去の求人によって、
ブラック企業かどうかを判断をつけられる方法
見ていこうと思います。

Pocket
LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク

ブラック企業の記事一覧

全国の弁護士・弁護士一覧
日本の弁護士をまとめました

PR

ブラック企業

ブラック企業について様々なエピソードを交えて 語っていきます。

Copyright© 2013 ブラック企業の見分け方【徹底攻略ガイド】 All Rights Reserved.