ブラック企業の面接時に【見ておいた方が良い】こと

近頃はブラック企業も巧妙化してきて、
広告だけでは見抜けないパターンも存在します。

そういったブラック企業
面接時に見抜くようにしましょう。

ブラック企業への面接時には、
その職場に行かれるかと思いますが、
いろいろと目を向けて見てみましょう。

例えば、ブラック企業の特徴は、
受付オフィストイレなどが
やたらに汚い場所が多いです。

ブラック企業の会社は汚れている?

理由は社員が激務に追われているせいで、
そういった細かい部分まで
配慮が回らないからです。
余裕がない証拠です。

また標語スローガン、
棒グラフなどが、
あちらこちらに張られている
職場も場合によってはブラック企業です。

別段、標語スローガン
貼られているのは良いのですが、
問題はその中身です。

「気合だ、やる気だ」
「訪問件数××件目標」

などと書かれていたら注意が必要です

これはどうしてかと言えば、
ブラック企業「やる気、体力、精神論」
というようなことが大好きだからです。

ですが、社長室
やたらに豪華なブラック企業も多いです。

社長室仕事以外の物にあふれて、
「本当に仕事をする空間なのか?」
と疑いたくなるほど私物に溢れかえっています

必要以上に豪華な骨とう品趣味の物
同じように社長の車だけは
常人では買えないような高級車だったり、
もしくは著名人政治家との写真は置いてあったり、
意識があったりする場合も注意が必要です。

心理学的に言えば、
それは社長自身自分に自信が持てない
あらわれとも言えます。
自分に自信が無い方外見を良く見せようとしたり、
自分の持ち物にお金をかけたりしがちです。

社長室がそれだけ、豪華ということは
「周囲に見せ付ける」ためのものでしかありません。

そういった社長室があって、
受付社員のデスクが汚くて、
標語スローガンだらけだと
危ない会社というわけです。

面接時には、面接内容だけなく、
会社の様子などもしっかりと
確認しておくと良いです。

では次項に関しては、
これは面接時というわけではないのですが、
選考が終わった後、入社する前
ブラック企業と判断するための方法
語っていきたいと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!入社前に調べる方法(面接編)の関連記事