ブラック企業と求人の【正しい見方】

ブラック企業を見分けるには、
ハローワークの求人
調べてみるという手もあります。ブラック企業の見分け方いつでも求人広告を出している
企業があります。

公開型の一般転職サイトや、
ハローワークなどで、
いつでも求人を出してる企業があります。

このような企業は要注意です。
何故かと言えば、
そのような企業は労働環境が悪いため
人の出入りが激しいブラック企業
である可能性が高いからです。

もちろん、求人広告
活発に出している企業、
全部が全部、
ブラックではないのですが、
活発に求人広告を出している企業は
以下の4点のパターンに分かれます。

1、現在、右肩上がり急成長中のため、
人材が欲しくて欲しくて仕方がない企業。

2、人気が無く人が集まりづらい業種のため、
離職率がそんなに高くなくても、
慢性的に人不足になっている企業。

3、人気だけど専門性が高く
応募できる人も少ないので、
求人を出すのが慢性化している企業。

4、離職率がかなり高く常に人集めをしないと、
企業として成り立たない企業

以上、4つとなります。

ひとつずつ説明していきます。
1つめは、ベンチャー企業新規で参入した
新星の企業が多いです。
この企業はブラック企業と言うよりは、
ホワイト企業優良企業
混じっていることもあります。

しかし、新星の企業ということは、
中小企業激務が常習化していたり、
仕事に追われ続ける現場かも知れません。

人によっては
ブラック企業かもしれませんが、
自分の能力を伸ばしたい!」
ベンチャーで活躍したい!」
と思われている方には優良企業になりえます

2つめは、人気がない業種職場です。
例えば、介護現場良い例です。
離職率はそんなに高くない介護現場が
あったとしても介護職自身、
人気があまり高くないので、
人が集まりづらいという状況が
できている介護現場もあります。

3つめは、専門性が高すぎて
集まらない現場です。
例えば、薬剤師看護師の方が
そうかとおもいます。
特に薬剤師は、数も少なく
でも周りの企業は欲しがっているので、
求人が慢性化しているような状況です。

そして、最後の4つめが、
一般的にブラック企業
呼ばれている現場です。

次項については、
このことについて、
より深く見ていきます

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!ブラック企業の見分け方の関連記事