ブラック企業の【人間関係】はどうなのか?

ブラック企業を見分けるには、
ブラック企業が好むキャッチコピー
調べてみるという手もあります。

ブラック企業が使いたがる
キャッチコピーはいくつかありますが、
そういった文言を注意して見ると、
判別が付きやすいです。

例えば、良くあるのが、
若い仲間が頑張ってます。活気があります。」
という謳い文句です。

求人から見るブラック企業の人間関係

これは離職率が高くて
若い人が多いということです。
活気があるというよりは、
みんな必死というべきです。

また、これもよくある
キャッチフレーズですが、
アットホームな社風です。」
というキーワードです。

一見、アットホームというのは、
面倒見のいいといったポジティブな言葉に、
聞こえますが、ブラック企業の実態は違います

裏を返すと、上司会社からの圧力により
休日プライベート
なくなってしまう企業もあったりします。
良く言えば体育会系の企業
悪く言えばプライベートや休日を潰す企業

これは社員数の少ない中小企業
よく書かれているフレーズですが、
こういったところは、
ノルマが非常に厳しかったり、
「とにかくやれ!」「やればできるんだ!」
という押しつけがましい精神論
まかり通っている企業が多かったりします。

こういう体育会系を望んでおられる方
良いのかもしれませんが、この求人に応募するのでしたら、
1年中行われる企業の行事
飲み会への強制参加を覚悟しておきましょう

そもそも職場の雰囲気が良い企業であれば、
そのような露骨に「雰囲気がいいアットホーム!」
というようなことをアピールすることはありえません

求人広告で、社員の集合写真
載せているような場合も要注意です。
必要以上にアピールするということは
悪いところを隠すカモフラージュである
可能性が濃厚だからです。

こういったところは、
アットホームと言いつつも、
会社の内部はギスギスしていたり、
異様な熱気があったり、
人間関係にも問題があったりするものです。

それでは次回も、
もう1つブラック企業がやりがち
広告キャッチコピーを見ていこうと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!入社前に調べる方法(広告編)の関連記事