ブラック企業って離職する人が多いの?

ブラック企業は離職率が高い?ブラック企業を見分けるには、
どうしたら良いでしょうか?

1つの方法として、
ブラック企業の特徴
考えるとある程度見えてきます

まず、そう考えると
ブラック企業離職率
高いことが特徴です。

離職率が高いかどうかは、
外部からは判断がつきづらいものです。

ちなみに離職率とは、
企業が出している、
入社と退職の割合のことです。

企業によっては、
何を基準に測っているかは違いますが、
入社後、<3年以内>に会社を辞める人の割合」だったり
中途入社の人が<1年以内>に辞める割合」だったりと、
企業でさまざまです。

どの企業も同じ基準を
使っているわけではないので、
データを見たり分析したりする際には、
どういったデータで<統計を取っているか>
注意する必要があります。

では離職率とは、
どうやって見るのでしょうか?

実は言うと、
離職率公開している企業
ごくわずかです。

上場している企業
上場していない大手企業など、
本当にごく一部です。

ほとんどの企業は、
公開していません

離職率自身は、
公開する義務はありませんので、
外部からはなかなか見えません。

しかしながら、
離職率は見えなくとも、
それに近いものは調べることもできます。

いくつか方法がありますが、
1つの方法としては、
企業で働いている人生の声を探る
という方法があります。

人脈を広げて
会社の先輩OBの方から
情報が得られることが理想的です。

とはいえ、
もちろん、それが出来るのは
ごく一部の方々ですので、

次項は離職率に関して、
もっと手軽にもっと調べやすい方法
書いていこうと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!ブラック企業の見分け方の関連記事